淀川三川合流域 さくらであい館

ホームさくらであい館活動紹介出会いのプロデュース地元の野菜をおいしく食べよう(えびいも編)
  • 出会いのプロデュース

  • さくらであい館

  • 2017.06.12

  • 地元の野菜をおいしく食べよう(えびいも編)

さくらであい館では、三川出会いのプロデュース企画として、地元の野菜のおいしさを広く皆さまに知っていただくために、地元野菜を使ったレシピの開発を行いました。

今回は「えびいも」をご紹介します。

ぜひ、レシピを参考にこの地域の“食”のすばらしさを知ってください。

 

地元の野菜が購入できる!直売所

コラム ダウンロード

レシピ ダウンロード

 

 

 

 

 

えびいも

コラム担当◆民野 摂子

[写真]民野摂子

管理栄養士、野菜ソムリエプロ、シーフードマイスター。

「生活習慣病予防」「野菜・果物」「魚」をキーワードにした食育セミナーや、料理教室の開催、健康コラムの執筆、カウンセラーとして活動。

日本野菜ソムリエ協会講師、京都府栄養士会理事。

 

えびいものパワー

胃荒れ防止

高血圧予防

抗酸化作

● 芋類の中では低カロリー。高血圧予防に働くとされるカリウム、糖質の代謝をサポートするビタミンB1が豊富。

● 水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

● 抗酸化作用を持つビタミンEの含有量は、芋類の中でトップクラス。

えびいもの美味しさ

締まった肉質で、煮崩れしにくいのが特徴。上品な風味と舌ざわり、ほのかな甘みをもつのが魅力です。40~70gの子芋・孫芋の 「こえびちゃん」 も人気!

栽培の適地、京都府南部

高い生産技術が求められるため、丹念に栽培された上質なえびいもは、農家さんのご努力の賜物と言えます。肥沃な土壌と低湿地を有する京都府南部はえびいも栽培の適地とされています。

 

 

 

 

 

レシピ担当◆工藤 豊

[写真]工藤豊

老舗イタリア料理店、町家イタリアンレストランを経て、現在はイタリア食堂910のオーナーシェフ。

旬の食材に特化した食事会や、イタリアよりワイナリーの代表を招いてのワイン会などを開催し、様々な食の楽しみを追及。

野菜ソムリエpro。

 

材料

■4人分

海老芋 12個(大きすぎないもの)
洋風出汁 900cc
醤油 大さじ1
小麦粉 適量
1つ
パン粉 適量
揚げ油 適量

レシピ

海老芋は皮を剥き塩(分量外)を揉み込む。その後水にさらし灰汁を抜く。
洋風出汁、醤油、塩を加えた鍋に海老芋を加え沸かす。灰汁を引き、蓋をして弱火で約25分。海老芋が柔らかくなったら蓋を外しそのまま冷ます。
出汁から取り出した海老芋に小麦粉、溶き卵、パン粉の順番で衣を付け、180度の油でキツネ色になるまで揚げる。

PAGE TOP