2018
11 10 SAT

【さくらであい館】秋の草木染めワークショップ(要2回参加)

(一回目)背割堤の葛(くず)で染めた糸で、(二回目)タペストリーを織ってみましょう。

秋の「草木染めワークショップ」は2回シリーズ。

一回目で背割堤の葛(くず)で糸を染め、二回目で染めた糸を使ってタペストリーを織ります。

おかげさまをもちまして、毎回たくさんの方にご参加いただいている、さくらであい館の「草木染めワークショップ」。

今年の秋は、背割堤地区の葛(くず)などを使用し、2回シリーズで開催します。

一回目で糸を染め、二回目では染めた糸で小ぶりなタペストリー織りに挑戦。

自分で染めた糸で織り上げるので、達成感もひとしおです。

この秋は、さくらであい館で芸術の秋をお楽しみください。

※2回シリーズとなりますので、両日共のご参加となります。

(写真はイメージです。自然素材を使用のため、作品により仕上がりが若干異なります。)

「草木染めワークショップ」のお申込みは10/2から開始します。

開催日時 【1回目】
平成30年11月10日(土)
【2回目】
平成30年12月15日(土) 13:00~16:00
(受付12:40~)
【要事前申込】
10/2 10:00受付開始
開催場所 さくらであい館 学習室「木津」・屋外広場
定員 20名
参加対象 小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
参加費 1,500円(2回分の体験料・材料費・保険料込)
持ち物 エプロン、ビニール袋、タオル2枚・ビニール手袋(共に染まってもよいもの)、筆記用具、裁ちバサミ、針・糸(作品にタグをつけます)
雨天時 開催(室内で実施します)
主催 淀川河川公園管理センター
協力 元松花堂美術館学芸員・染色作品作家 関河 礼子(講師)
問合せ先 さくらであい館
TEL:075-633-5120
一覧へ戻る

ページTOPへ